思い・雑感・・あるまま

故秀志とメール

投稿日:

昨日、2年前に亡くしてしまった息子秀志の友人から、悲しくも嬉しいメールを頂いた。いまだに、秀志を忘れずに秀志と関わるメールをくれたことに感謝している。
昨年、2月13日の「送る会」で多くの友人達から私たち遺族への気使いも頂いた。また、心配し「特別の用はないのだが・・」と言って、電話で私達の声を聞いてきてくれる先輩もいた。こんなことで妻と共に心を癒され、以来、時間の経過と共にすっかり気持ちも落ち着いた。
不思議なことに、今は、死んでしまった時から送る会を終わるまでの、あの何ともやりきれなかった時間の中を無我夢中で過ごした自らの行動を何も覚えていない。
残された孫娘水咲は、今年から保育園に入りますますオシャマニなってきた。淳子も、一年間保母の見習いとして寸暇を惜しまず働き、悲しみから抜け出してくれたようだ。
家族皆、これからの人生に希望を持てるようにもなった今日この頃である。

実は、こんなことを日記に書けたのは、頂いたメールが、今、自分に整理すべきことを気づかせてくれたのかも知れない。ここに、悲しくも嬉しいメールを紹介し、改めて記憶にとどめておきたいと思う。秀志は私と同じように釣りが大の趣味であった。ジャンルは違うが、ルアーを主にサクラマスやアマゴ、スズキやアカメ狙いに没頭していた。去ったあと、残された釣り具を釣り仲間に形見分けしたが、メールの幾つかは、この秀志が使ったルアーやサオでの釣果を伝えてくれたものである。

「こんにちは
昨日、数ヶ月ぶり(今年初)の釣りに安部さんと魚野川に行きました。
秀志くんのベストとルアーで40cmのイワナが釣れました。
                      小川 徹」

「おひさしぶりです。
みんなで、頂いた秀志君の竿でスズキ&アカメなどを釣る事ができました。
一番ビックリしたのは、秀志君の命日にアカメ釣りに行った時、その日までボウズ続きだったのですが、当日、アカメの85cmとスズキを釣る事ができたことです。アカメは実に4年ぶりです。」
「追伸:仲間の〇〇君が10月10日にバイク事故で意識不明の重体。一時的に心停止したのですが、今は回復して元気になりつつあります。 事情を知っている友達は皆、『たかみ〜君が、〇〇〜君を追い返してくれた!』って喜んでます。しかも、現在の状況は骨盤骨折、両足骨折、膀胱、大腸の損傷してたのですが、脊椎、脳には全くダメージが無く、リハビリで五体満足な身体に戻れるそうです。 本当に奇跡です。たかみ〜君には本当にみんな感謝しています。
                    竹崎 一雄」





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

ヒマラヤの青いケシ

幻の青いケシ 昨晩、横浜で友人と飲んでいる際、箱根湿生花園で青いケシの花が咲いている新聞記事を見たよ!と聞いた。 今朝、少し眠かったが女房殿をさそって早速行ってきた。 箱根千石原の湿生花園までは車で、ほんの1時間ほどの距離である。  新緑に包まれたさわやかな箱根路を上り、湿生花園に10時ころ着いた。大学の後輩で元園長だった高橋勉さんに会い園内を案内してもらいつつ、その幻の青いケシ花を見てきた。  青いケシはネパールやブータン、インド、中国などのヒマラヤが原産で、以前は人の目に触れることは少…

平塚海岸 型をみました

 昨日の残りエサを持って、テトラ左で投げてきた。どんより曇った空から小雨がパラついており、早朝から投げていた釣り人は皆、帰ってしまったようだ。 今日は、小生にとっては硬めの、コンペ31号を持参した。誰も居ない中、一人テトラのすぐ左、海水浴場の仕切りブイの傍に座を取った。 エサは、東京スナメ、ジャリメ、アオイソメの3種類が揃っており、最初は3本バリに其々を付けて試したが、喰ったのは何れも「東京スナメ」だった。  喰った距離は、6色投げて5色に掛った所・・。かなり元気なアタリを感じながら、1尾…

大荒れの平塚海岸!!

テトラに挑みかかる大波!! 台風6号の影響を受けて、平塚海岸はこのように大荒れが続いている。 今朝方はもっと過激な波だったが、写真は午後3時頃のもの。 紀州沖にある迷走台風は、これからこっちを目指しそうな気配だが・・・。 風は?雨は?そして波は・・・涼しさだけはいただけるが、早く去って欲しいものだ。  それにしても、魚たち、いや、愛してやまないシロギスは、こうした時、いったいどうしているのだろうか?? ・・・ 大荒れの波を見るたびに考える疑問である・・。

多しフグPEラインでハリ結び

PE2号で内掛け結び・・ 丈夫でやや大きい関東アブミ7号で! 無限仕掛けに!

悪天候による中止の判断?

外は氷雨が・・ 外は、小雪まじりの冷たい雨が降っている。・・何となく今、ホッ!としている変な自分がここに居る。  実は、今日は行きつけの「奄美酒房・水連洞」とその客仲間で作る「釣道を考える会」の主催で、「新春の釣りほうだい会」なる、船のシロギス釣り大会を計画していたのである。従って、天候さえ良ければ、今頃は船上で魚信を楽しんでいる筈だった。 だから、降っている氷雨が、もしかして晴れてしまい残念がる思いを、ハッキリと断ち切ってくれたのである。・・ホッ!!・・・今日の一文は、お読みの皆さんには…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ