投げ釣り釣行記

残暑の平塚海岸絶好釣

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

普通の語句では「絶好調」と書くが、釣り人はそれを「絶好釣」と書く。この絶好釣といった文字を使った情報を、湘南平塚から発信するのは実に久し振りである。
昨夕、釣友の山田聖二さんからの電話で「鱚介さん!!この頃なにやってんのよぅ!ちっとも顔が見えないけどさぁ・・、平塚、絶好釣よ! 今日午前中釣って、26尾だった・・!!」っと、少し上ずった声で伝えてきてくれた。
台風の余波で荒れていた波もそろそろ治まり、近々、平塚海岸を攻めてみたい。・・そんな思いの最中の情報であった。その時には、遅れを取ったか!!っと思いつつも、その情報に感謝、早速、乗りなれない自転車を駆使し、ジャリメは「浦田釣具店」に、東京スナメを「釣り平」に買いに行く。

今日、早起きの心算が寝過ごしてしまった。海岸に立ったのは午前6時半過ぎ、既に10人位が竿を出している。久々に会う釣友達に挨拶しながら支度を整え第一投をする。
先行者の話から、まだ本格的に食いが立っていないようだ。だが、4色に投げた我が竿に、いきなり鋭い当たりを感じた。「鱚介テンビン」の効果だ。ゆっくりとサビき、追い食いを待ってから、周りに気づかれぬ様にハイスピードでリーリングする。波口から顔を出したのは、期待通りの16〜20センチ級の4連だ!!
周りから聞こえる???の声に、会釈もしながら次の動作に入る。以来、2連、3連と思いもせぬ喰いに恵まれ始めたのであった。その後は何時もの通りの釣り人の習性、皆がこのポイントに集まりはじめ、そこそこに釣れ始めたのである。

結果から言うと、私の道具立てはライトタックル。距離は4色(100メートル)内外。エサは東京スナメが良かったが、ジャリメも同じくらい良かった。不思議なことに、シロギス以外のフグやメゴチ、ヒイラギの姿は見えなかった。
数は32尾。その内ピンが6尾だった。

天気概況から予測すると、当分静かな日和が続くようだ。この分なら、一挙に秋の好釣期に入るかも知れない。平塚海岸の一帯で、もっと近くで、波裏でも食いだすかもしれない。そんな予感がしてならない。
情報は既に広まっているかもしれない。だが、聞き知ったら直ぐに直行する。それが投げ釣を倍も楽しむ戦術である。奮戦を期待したい。





-投げ釣り釣行記

執筆者:

関連記事

真夏の釣り場 熱川海岸へ

チョッと小さめですが!!真夏の釣り場、熱川海岸に行ってきた。 昨年、大浜(海水浴場)に山砂が入れられ、その砂が濁川下まで入り込んでしまっている。そんな事で、浜一帯は人工海浜化してしまったが、それでもシロギスは居た。ただ、例年とは異なりあまり育ちは良くなく、小型のままの16〜18センチが主流だった。 午前3時過ぎ、我が家に安部彰二さんが来、沢辺さん夫妻の車で出発・・。途中のコンビニで若手のホープ岡田憲哉君を拾い一路熱川に向かった。 2メートルのウネリが入ると天気予報が告げていたと言うが、道す…

Loading

丹後で、鳴門で、よく遊び、よく遊ぶ

吉野川左岸の28センチ 1日の夜から4日の夜まで、釣友4人と京都丹後半島と徳島鳴門で投げ釣りを楽しんできた。遠征の主目的は、阿波釣法で名をなした投げ釣りの大御所であった寺沢守氏の追悼大会から早3年目、徳島鱗友サーフ(会長:瀬尾捷征氏)主催による投げ釣り大会への参加である。  平塚を午後10時、平岡順司さんの愛車アルファードで出発。メンバーは、何時もの和田満雄さん、力石一穂さん、伊藤幸一さん、私の5人。  第1日目の行き先は丹後半島の野原漁港の堤防であった。ここでは秋深く荒波が出始めた頃、大…

Loading

奄美大島にホシは居なかった?

カスミアジ?タイトルに「・・居なかった」と記したが、正確には「ホシギスは釣れなかった」とすべきであったかも・・。12日から14日まで南国奄美にホシギスを狙って行ってきた。今回で奄美のホシギス釣りは2度目である。実は3年前、村越正海さん、渡部隆雄さん夫婦と一緒したが、そのときには23〜25センチ級の強烈なアタリを楽しむことが出来たのである。また、先の沖縄遠征でも10数尾をゲットすることが出来た。そんなことから、今冬最後の釣行場所と決めて、夢を追ってみたのである。同行者は釣友の下島伸一さん。平…

Loading

平塚海岸、今日も好釣!!

山田聖二さんの笑顔!! 好釣が続く平塚海岸。早朝5時少し過ぎ、昨日も良く釣れていたテトラ群の左に入った。 そして、・・第1投目から順調な出足・・。道すがら同行した釣友、山田聖二さんは一荷、2連から始まった。距離は黄色です!と言う。・・即ち、3色。75メートル+力イトの距離だ。  彼は、昨日もその距離で釣っている。私には、連続して小さめがヒット。・・どうも面白くない。・・もしや?を期待し遠投してみた。案の定5色先でかなり明確なアタリだ。・・大きそう。3点バリに20センチクラスが2連できた。平…

Loading

能登に、大ギスを求めたのだが!!

千枚田で・・平岡プロ撮影 2日の夜から4日まで、大ギスを求めて石川県能登半島の曽々木海岸、大川浜に行ってきた。 メンバーは和田満雄さん、平岡順司さんと小生の3人組み。・・そして案内人は、何時も北陸方面釣行でお世話になっている「手取り投友会」の宮本幹治さん。 午前4時に到着したが、前日までの豪雨の影響が残りウネリもあり、或いは未だ接岸してないのか、残念ながら大ギスは居なかった。しかし、15,6センチ級が2〜3色付近で数釣れ大いに楽しむことが出来た。 9時にはそこを引き上げ、かほく市海岸に移動…

Loading

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ