思い・雑感・・あるまま

皇帝ダリア4

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

ついに咲いた!!

[遂に!やっと?・・・・先ずは一輪、咲き始めた。
いきなりだが、花は、正直言って期待に反して小さく感じられる。ただ、花の色は、想定したとおりの赤紫だった。
これ以上、書き込むことは無いだろう。・・写真が全てを語ってくれるからだ。


一つ、紹介しておきたい。この一輪の開花は、育ての親、江川孝雄教授ご夫妻の献身的なご努力があったからこそである。ご夫妻は今、さぞ、この可愛い花を見てホッとされておられよう。そして、これまでのご夫妻の奮戦ぶりが目に浮かぶ。

例えば、小苗を花畑に植えたときから、他の植物から負けないようにと、未来が約束された草花までをも除草した。腐葉土や良いと思われる栄養分を沢山施肥し、時折、平塚海岸に出かけて釣った、魚のアラまでも根本に埋め込んだ。
夏には、大空に突き刺すような支柱を立て、大風が来れば枝幹を支柱に結び直す。そして最悪は、そう9月の大風で主幹が折れてしまったことだ。ご夫妻の嘆きは察するに余るものがあった筈。
だが、愛情を受けて育ったダリアは、根本近くから横芽をグイグイと伸ばし、見事に回復をなし花を付けた。さらに、折れてしまった節の直ぐ下から、新たな2本の太い芽を出して、今、盛んな勢いで盛り返し始めている。花芽は未だ見られない。多分、今咲く花の終わり頃、それを超えて見事に咲いてくれるだろう。

教授曰く、「今朝、早起きし、いっぱいの朝日を受けて開花したこの一輪を見て、感動した! 見事に咲いた!そして、それが何よりも嬉しかった。」と、しみじみと本当の気持ちを吐露してくれた。・・本当に良かったですね、先生!・・ありがとう御座いました、先生!!

今年、5月12日に小苗を植えつけて以来、ほぼ6ヶ月の栽培ドラマはこうして今を迎えた。
一番に咲いたこの一輪は、恐らく「ここまで育ててくれてありがとう。」・・と、教授ご夫妻に語っているに違いない。

お嬢様が命名した「皇帝ダリアプロジェクト」は、まだ終ってはいない。花を終えたころ、木を刈って、節目を残して幾つにも切って、それを保存し、来年春、苗床に植え、新芽を出させ小苗をつくる。何人もの方が、この新しく株分けされる苗を欲しいと待っている。
先生、最後まで・・どうぞよろしくお願いします。
そして、全てが終了したら、多くの皆さんは、先生に「皇帝ダリア博士」の称号をくださるに違いない。





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

舘野鴻絵本原画展・・感動!!

主題の「ぎふちょう」 昨日、生物写真家の久保秀一さんからの誘いを受け、女房共々、相模原市立博物館で開催中の「舘野鴻(たての・ひろし)さん」の“ぎふちょう”を主題とした絵本原画展を観覧してきた。 舘野鴻さんは、私が尊敬した“熊田千佳慕画伯”のたった一人の本物のお弟子さんで、少年時代から、チカボさんが「埴生の宿」と呼んだ農家の納屋を改造した小さな家に通い「細密画」を学ばれた良き青年である。・・とはいっても、今はすでに脂ののり始めた45歳、・・・苦学しながらも、久保さんのご指導等も手伝って本気に…

Loading

釣り休みに年賀状を思う

懐かしい年賀状今日は久しぶりに寝坊し、起きたのが7:30頃だった。天気予報が、下り気味を報じていたからズルを決め込んでいたのだ。それでも気になり外を窺うが矢張りどんよりと曇り、冷え込んだ朝はいま一つ足を鈍らせた。おまけに、今は“師も走る”と言われる年末である。「お前だって、やることは一杯あるんだろう!」っと、自らに言い聞かせムズムズした気持ちを抑える自分がそこにあった。まあ、そんなことで、今日一日は年賀状を書こうと決める。だが、正直言って何とも気が乗らない。年賀状を書くのは三年振りなのだ。…

Loading

平塚海岸 寄せられた情報!!

東さんの釣果です!! 平塚海岸は不釣のまま過ぎて居るが、きっちりと時合を捉え場所を信じて頑張れば、こんな釣果が得られるのだと云う、嬉しい便りが届きました。 発信人は、過日ここにも取り上げさせていただいた、藤沢の「東誠治さん」からのもので、酔っぱらって帰って開いたパソコンに、こんなメールが届いていたのである。 ・・・しかり、明日は、何としても柳の下を狙う積りである。高見澤様  今朝は失礼いたしました。藤沢の東です。 結果から言いますと、今日は16:30までバレーコート下〜マンション下で、ねば…

Loading

パソコンの更新

My デスク 近況だが、平塚から大磯海岸は全く不釣な日が続いている。そのうち(まだ)、落ちの爆釣を期待しているのだがどうだろう!・・・・。 大型が好釣と聞いている北陸金沢周辺への遠征だが、明日ということで用意をしたものの、15日夜になって天候悪し!波が出そうだ!・・という電話が宮本幹治さんから届いた。このところの遠征では何時も雨に祟られていることから、止む無く来週に日を改めることにた。 そんなことで中止となった暇をとらえて、娘夫婦が苦労して買ったマンションを訪ねてみた。川崎市鷺沼の丘に建つ…

Loading

生命の星・地球博物館へ

竜宮の使い・・ 釣りに出られない今日、何となく別世界を覗きたくなって小田原市入生田にある「県立:生命の星・地球博物館」に行ってきた。かなり前、何回か行っているが、その時は何かの特別展を見に行ったため全館を廻ることは出来なかった。 早めに家を出て開館時の9時少し過ぎに着いたが、広い駐車場はがら空き・・・。 まだ、館内には見学者は無く、入り口に立つと係員が親切に切符売り場に案内してくれた。・・・入場料金は高齢者割引だそうで、何と100円ポッキリ!!・・何か後ろめたさを感じつつも100円硬貨を券…

Loading

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ