鱚介オリジナル工房

「鱚介アブミ」・・誕生!!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

新旧のアブミ比較

 釣り針の老舗「はりよし」から、新しく改良されたキス針が発売されることになった。まだ、発売日、価格等の詳細は決まっていないが、ここにPRを兼ね事前に紹介する。

 釣針の原型である「アブミ型」のキス針は、長い間特定の愛好者にのみ親しまれてきた。しかし、同じハリでありながら、単に「アブミ」と呼ぶ以外に「東京アブミ」「関東アブミ」「競技用」などとの呼称があり分かり難く、また、扱い店が少ないため入手が困難であり、人気も今一つといった面もあった。

 そこでこの度、釣針の老舗「はりよし」と愚生「高澤鱚介」」がコラボを組み、新らしいキス針「鱚介アブミ」が誕生したのである。

 小生が使ってきたのは「東京アブミ」と云う呼称で、子供のころから50数年にわたってずっと愛用し続けてきた「鱚針」である。
 
 特徴は、軸が長くエサ付けが楽でフグに強い。また、ハリ先が鋭く、掛りが良く、バレ難い。どちらかと云えば20センチ超級の大きなキスを釣るに適したハリである。
 さらに言えば、腰曲りの軸部分は丸のままでなく、平打ちに加工され、折れにくい丈夫なハリでもある。・・時に釣れるヒラメや大型魚にもしっかりと対応できる多様性を待ったハリである。

 投げ釣りの発展は個々の道具の技術革新をもたらし、同時に専用化が進んだといえる。
 キス針にあっても同じで、材質や形状とともに軽量化が進み小針化した。また、キスの行動やエサの吸い込みなども研究され、その成果を基に各ハリメーカーは競って「これぞキス専用バリだ!!」と造っているのである。

 そうした進化の中にあってアブミを見ると、軸は太く、重く、特に多点バリには使い難さがあった。そんなことで、多様性はあるものの「キス専用バリ」と云うには今一つ課題を残していたのだ。

 こうした中、50数年来「東京アブミ」を愛用してきた小生を評価してくれたのだろうか、釣針の老舗「はりよし」さんから声が掛り、是非「新しいアブミを造ろう!」という事になったのである。

「鱚介アブミ」の特徴は、従来の太軸で重いといった欠点を改善することを目指し、釣り針に最も適したハイスチール材を厳選し細軸で軽量化をはかり、更に、針先を従来のアブミより、さらに鋭く磨き込んだ逸品に仕上げることが出来たと自負している。

 当面、キス釣りのハリとして一番使われている「6号」のみであるが、今後は、その前後の大きさも整える予定である。種類は、「茶焼」と限定の「黒焼」の2種類である。
 販売価格、販売扱い店等は今後明確になった時点で発表する。勿論、鱚介オリジナル工房でも扱う積りである。
 






-鱚介オリジナル工房

執筆者:

関連記事

タングステン・シンカーの改造

縦横10センチの改造テンビンオモリ 熱帯性低気圧や台風のニュースが告げられるようになった。投げ釣り日和は意外と少ないと感じるこの頃である。ことに、休日にこれらが来れば、勤めている方には本当にお気の毒である。 最近、トーナメンターと自負される方の間で、タングステンシンカーの改造が流行っている。何れも、改造の目的は「投擲距離を伸ばしたい」と云うがためである。 改造と云っても、シンカー本体をいじる訳ではなく、軸とアームの長さを切り詰め、アームの方を途中から細いモノに接ぎ替える。同時に、軸とアーム…

「半ぶら」テンビンオモリ

富士青タン 先に発表した「半ぶら」のテンビンオモリ、かなり好評価を頂いて居ます。 当方としては、ウッドガンをメィンに造ろうと思っていたのですが、実際には「半ぶら」はどんなシンカーでも造ることが可能なことから、各種の注文、或いは、当方では見たことが無い珍しいシンカーなども持ち込まれています。 ここに、最近作った半ぶらのテンビンオモリの幾つかを並べて見ました。

トップガンTV

ウッドガン・メタボ

ウッドガン・「ぽっ君」

FPシンカー デルナー黒

F…

鱚介アブミ 購入専用サイト新設

 鱚介オリジナル工房と(株)はりよしがコラボで開発したキスの専用バリ、鱚介アブミの4号から6号までが、ほぼ出そろいました。 特徴は、これまでの関東アブミをベースに、細軸軽量で仕上げ、針先を化学研磨した刺さりの良いものとなりました。 種類は、5号、6号が茶焼き、黒焼き、青焼きの3色、4号ではケイムラが完成しております。 昨年より発売されたこの鱚介アブミは、これまで鱚介オリジナル工房が(株)はりよしさんから委託を受け販売してまいりましたが、この度、お客様からの強い要望もあって、新たに専用の通販…

ウッドガンとウッドキャップ 同時新発売

ウッドガンです 鱚介オリジナル工房のアイデアと技術を生かし、このたび富士工業のデルナー天秤をベースに、堀オリジナル工房とのコラボラーションにより、ケヤキ材を使用した投げ釣りマン待望のウッドシンカー“鱚介のウッドガン”を完成し発売いたしました。また、自製のウッドシンカーを造りたい方のために、ウッドガンに使用する“ウッドキャップ”を同時発売いたしました。 ウッドガンは、木部全長8センチで、25号、27号、30号の3種となります。木部は天然素材の乾燥ケヤキを削りだし、頂部にステンレス製のカップワ…

テンビン「真打ち」・・のこと(1)

「真打ち」の出来るまで 今日も平塚海岸に行ってきた。20人弱、今季一番の賑わいだった。・・が、キスの方は数人が1〜2尾釣っただけ。ブログに書いた影響が大きかったようで、小生はその責任を感じつつ頑張ったのだが、結果は0尾だった。 多くの方が、1尾の顔を見たさにウズウズしていることが良く分かった。シーズンインを待ちわびるこの頃・・・、釣りとは、今日よりも明日、明日よりも明後日・・に、期待を込めるもの。これからは1日1日と良くなるに違いない・・。 さて、昨年発売したテンビン「真打ち」について少し…

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ