釣りを楽しむ釣り

平塚海岸やっと釣れ始めたようです!

投稿日:

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

久し振りの「湘南銀ギス」!!

ずっと低気圧の影響で荒れていた平塚海岸、昨日からウネリも治まり、水の色もやっと夏の海へと変わってきた。

 現金なモノで、釣り場環境が整い、少しでも釣れた情報が伝われば、じっと我慢していた太公望がダッと押しかける。

 情報を聞いてから出かけるのは小生の気質には合わないのだが、最近は他の用事に気を取られ竿を出すチャンスが無かった。そんなことで、今回はそうした有り難い情報を得て、勇んで繰り出した一人でもある。

 午前5時、テトラ群東に行ってみた。既に、今日から始まる海水浴場の範囲を示すブイが入れられ、いつも通りの「夏の釣り場」が出来ていた。
 ・・と、言うのは、例年、ブイに囲まれた角面に良いポイントが出来るのである。・・・4色以内、もっとも釣れるのは2色である。何故そこにキスが集まるのかは分からないが、ブイを繋ぐロープの根元砂嚢付近の海底には変化が出来、エサが寄るのかもしれない。

 6号3本バリ(鱚介アブミケイムラフッ素コート)に、中っくらいのジャリメの一匹付けで3色に投げて見た。
 
 ・・だが、アタリも、掛ってくるのもフグばかり・・・。
 
 3投目、少し方向を変え2色に投げて見た・・・。凄いアタリが!!
 久しぶりのキスのアタリは小気味よかったが、型は18?級だった。・・それでも期待を高めてくれた一尾だ!!

 例年の如く、キスは近場だった。それから続いて2尾を2色で・・。その2尾目は波の中チカラ糸が見えてからで、少し大きく20センチの良型だった。

 暫くやって、またまたフグの猛襲から逃げるため、テトラ群の西側(海水浴ブイの右側)に移動・・。

 ここでは4色一杯、テトラ際で2尾が来た。さらに波口、チカラ糸で大きいのが2尾来たのである。
 
 ずっと通う地元釣り人の最近の最大数は4尾だと聞いたが、久しぶりに訪れた今日の小生には海が歓迎してくれたのか、都合7尾ものサービスがあったのだ。

 時間はそろそろ7時半。・・暑くなる8時には上がる積りだったが、久々のキスのアタリの余韻が消えないようにと、少し早目に終えることにした。

 
 静けさが続けば、やっと例年通りの釣りが出来るように思う。大げさな道具立てはいらない。軽量タックルで波間を狙った釣りをお奨めしたい。





-釣りを楽しむ釣り

執筆者:

関連記事

石持も鱚も釣れたり17℃

何時もの場所で、昨日は雨後の濁りの中で、2~3歳くらいのイシモチが釣れていた。ならばと、今日は少し早めにイシモチ狙いで出かけてみた。 狙ったイシモチは大きかった! 結果は写真の通りだが、キスも釣れた。 …

Loading

趣味悠々・釣り悠々?

角盈男さんと昨日、NHK3チャンネルで放映される趣味悠々の録画撮りが、平塚海岸のビーチパーク下で行われた。先に紹介した通り、先生は、釣り界の大御所服部善郎名人。生徒は、・・もう公表してよいだろう・・元読売巨人軍の左腕ピッチャー角盈男さんである。野球好きなら知らぬものはなく、最近はタレント家業も頑張っている好人物でもある。趣味悠々は8月3日から13週にわたって放映され、流れは、釣りを全く知らない生徒が色々な釣りに挑戦し、先生がその一つ一つを指南すると言ったもの。そのうちの投げ釣り部門として、…

Loading

飽きもせず探り歩きてハゼ大漁

仲間は、静かになった馬入河口にキス釣りに行った。・・途中の情報で、25㎝が出たと聞く・・。この静けさが続けば、ヒネギスは期待できよう!! でも小生は今日も早朝から、飽きもせず大ハゼ狙いで頑張って来た。 …

Loading

平塚海岸 大ヒラメ・・御用!!

65センチの大ヒラメににっこり!! ヒラメ!!・・投げ釣りマンにあっては、シロギスを奪う外敵である。喰い続いていたシロギスが急に居なくなってしまったり、アタッた筈のシロギスが途中でガッツン!!とやられてしまう。・・・こうした現象は、シロギスが多く、好釣のときほど生じやすい。云わば、これはヒラメやマゴチが原因。いま、平塚海岸はピンギスが多く、当然、それに応じてヒラメやマゴチも多くいるという事にもなる。  今日、釣友の山田聖二さんがこの外敵を仕留めてくれた。荒れた後に静けさが戻りつつある平塚海…

Loading

大晦日に爆釣!!

釣り納めの釣果です タイトルを「大晦日に爆釣!!」としたが、季節外れにこれだけ釣れたのだから、決して大げさに言っている訳では無い。  実は、この2〜3日、風邪を拗らせてしまい釣りに行かれなかった。・・だが、情報では、この間風っ気もあって余り釣れなかったようである。 しかし、天候は良く、波も穏やかになれば、必ず近場に寄って来る筈と予測していた。 風邪引きとは云え寝込んでいるわけでもなく、手持ち無沙汰を補うため、この間、何本かの自分用のテンビンを拵えていた。形は「真打ちSUMAB」(下写真右)…

Loading

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ