思い・雑感・・あるまま

映画「永遠の0」に涙!

投稿日:

画像(180x120)・拡大画像(480x321)

平和・・そのものです

 平塚海岸のキスは益々遠くなってしまった。3〜4人で、誰かが1尾の顔を見られる程度である。

 そうした中、ずっと気になっていた映画「永遠の0」を観てきた。皆さんにも観て頂きたいから中身や荒筋等、解説めいたことは控えたい。
 
 さわりだけを言うなら、ここに描かれた時代は、太平洋戦争の開戦となったった真珠湾攻撃から敗戦に至るまでの4年間における、当時世界に恐れられた戦闘機「零戦」に乗る一人の航空兵の悩みぬく姿を描いたものである。これは現実に有った史実であり、深く考えさせられる映画である。
 
 実は、その期間は、小生が東京で生まれた昭和16年から、終戦の神奈川県二宮町に疎開した昭和20年までの4年間に一致する。
 
 小生が何となく覚えている戦争体験?と云えば、終戦の昭和20年夏の夜だった。お隣に住んでいた大工の婆さんに背負われ、防空壕に逃げる途中に見た相模湾の沖合に浮かぶ戦艦からの真っ赤な火柱、国鉄二宮駅や変電所を機銃掃射するアメリカ軍の飛行機が屋根すれすれに飛び、その機銃音や爆音に驚き、兄弟姉妹皆で布団戸棚に逃げ込んだこと、アメリカ軍が落とした機銃弾のヤッキョを松林に拾ったことなどくらいである。

 そして終戦を迎えた時、二宮海岸に上陸揚収艇?が何艘もあがり、たき火を囲んだ米兵がチョコレートやコカコーラ、火であぶったマシュマロ等を沢山くれた。その時、大人や女は近づかなかったようだが、子供心に、アメリカ人は優しい人たちだなあ〜・・と映ったことを思い出す。

 話がズレてしまったが、こうした戦中、一番の働き盛りの青年達が、祖国を守ると云った大義名分に従って次々に戦場に散っていったのである。
 兵隊の一人をもが決して喜んで散っていった筈は無い。守るべき人、家族が居た。それをを守らなければ為らないために死を覚悟して、敢えて戦わなければならなかったのである。
 
 この映画に描かれているのは、正に、人としての愛であり正義でる。そして愛を貫き通す一人の男の意地である。
 この映画は、決して娯楽のために造られたのではない。今に生きる戦争体験者が、自分たちが置かれていた真実を今の人たちに語りたかった。・・・そのことを代弁しているのだ。

 戦争とは本当に酷いものである。未だに、地球上の何処かでこの酷く悲しい戦闘が行われているのが現実である。少なくも、我が日本国に於いては戦争にかかわる如何なる芽をも出してはならない。・・そんなことを感じさせる、考えさせられた映画であった。
 

 最後に思う。・・平和を願う日本人なら、否、世界中の人に、この映画を見てほしい。
 その内テレビで放映するだろう!などとは云わず、是非、今、見てほしい。・・・分厚い、ハンカチを手にもって・・・。

  





-思い・雑感・・あるまま

執筆者:

関連記事

慣習の違い 2

日記を読まれた方から、矢張り、葬儀についての慣習の違いについてのメールを頂いた。葬儀のやり方は宗教の違いによることは分かる。また、日本古来の仏教では、宗派間によっても違いがある事も分かる。しかし、同じ宗派であっても、それぞれの地方の土着の慣習が宗派を超えて優先されている。そんな気もする。別に今、葬儀の慣習等を深く知りたい訳ではない。だが、時折の葬儀をこうした視点で見てしまうことは、やはり歳と共に一歩近付く我が身の末を感じての事かも知れない。(笑)ブログ拝見しました。小生も女房の父が亡くなっ…

この一年、ありがとう!!

大掃除ご苦労様でした!! 本当に早い1年だった!!・・沢山の良いことがありました・・。 でも何故か、気まずい過去の出来事が脳裏に蘇えり、精神的に落ち着かなかった一年だったように思う。 大晦日を迎えた今、これが正直な気持ちなのだが、当然そこには相手があり、多分、これと全く同じと云うか平行線上に、同じ気持ちで過ごした相手も居た筈だ・・。 だから、お互い謙虚な気持ちになって、来年こそは何とかしなければと思ってくれれば良いのだが・・。さて、どうしたものか!! これがお互いを成長させてくれる「一つの…

平塚海岸 全く不釣!

小澤氏の1尾!! 久々な晴れ間を狙って、2時間ほど投げてきた。暦は既に下旬を迎えてしまったが、この間、釣行してなかった訳ではない。ただ、書くだけの刺激と気力が萎えていたからである。 兎も角、今シーズンの平塚海岸は良くない。梅雨に入る寸前に、「チャリティ・湘南平塚投げ釣り大会」が行われたが、全くの貧果に終わったと聞く。以降、入梅入りした海の様子は、濁り、ウネリ、雨、ゴミと、投げ釣りにとっては些かよろしくない日々が続いている。 今日も、テトラ周辺はゴミと濁り、扇の松方面は濁りとウネリ、マンショ…

最高級エサ箱を新調!!

10ℓ用エサ箱セット 今日、注文してあったキャバリア工房さんのエサ箱(ダイワ10ℓクーラーボックス用)が届いた。 組み板を使った木製で、もうこれ以上のモノは無いと常々感じているエサ箱、菅谷実工房主の心のこもった温かみを感じる手製の逸品である。 今、小生が使っているエサ箱は同じキャバリア工房さんの同種のモノで、富山の吉野海洋君から頂いたモノである。  ただ、使っていて、自分流の使い方からして若干の改良点を感じていたのである。 このエサ箱は、一見して、手間暇を掛けた実に…

夢の尺ギス物語

ホンマものです先日書いた尺ギスについて、面白い手紙が2通も寄せられた。生物写真家であり、子供達に夢を与える絵物語も書いている御仁だから、多分ご自身も、夢の世界にまで浸って本当に楽しんでしまうのかもしれない。その御仁には、断りも無く披瀝してしまうが、私自身見たい夢だから皆さんにも・・・。その御仁とは、大いに釣り好きだから過去を読まれると分かってしまいそうだが・・・鱚介さま先日の「尺キスは何歳か」は面白かったですね。魚は歳をとっても成長を続けるものなのでしょうか。もし、捕食者に遭遇しなければ、…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ