高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2019年09月28日(土)

西伊豆岩地海岸へ [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

 昨日、仲間3人で、小生自身3か月ぶりの釣行をしてきた。目的地は西伊豆の岩地海岸・・。結果は全くの不釣だった。・・・狭い海岸だが、くまなく探ってみた。しかし、魚影が全く感じられず、3人での釣果は18センチ級が5尾という貧果だった。1週間前、ぷーさん夫婦がツ抜けをし、その情報を聞いての釣行だったのである。
 
 実はこの日、痛めた足の治り具合を確かめるためでもあった。岩地海岸近くは全て駐車禁止。・・・駐車場は国道沿いの高台にあり、海岸までは荷物を持って100段からの階段を下らなければならない。さすがに、これだけは厳しい。下り坂には自信がないのだ。・・そんな思いを知った和田会長、大丈夫ですよ!下まで運ぶから・・と。

 海岸はいつもの通り静かだった。潮は引きつつあり条件は良くない。・・・そして、少々足をかばいながらの釣りを始め、少々、歩き回りもしてみた。波口には小さな外道が多種、かなり頻繁に釣れてきた‥、だが、キスはいない!!

 でも、幸いに釣れなかった?からか、激しい動きはせずに済み、その分、足には余分な疲労はかからなかった。 同時に、軽いままのクーラーだったから、帰りは思い切って階段を上がってみた。・・途中、息を入れる程度の休みはしたが、足は順調に動いた!!(ちなみに、一日過ぎた今朝も痛みなどは出ていない。)



 仁科大浜にも寄って見た。数人投げていたが釣れている様子はない。ここでも3人各様に歩き廻り、遠近投げてみたがキスは全く居なかった。・・・西伊豆はどうなっているのだろうか?もう少し冷え込んでからか?・・・10月半ばを過ぎれば、釣れ始めるだろうか??・・・愚痴を言いつつ帰路についた。

 西伊豆に行ったとき、毎回昼時にほぼ確実に行くレストランがある。安良里の国道沿いの信号に近い「る・れーぶ」という店。ここのお薦めは、プレートに乗せられた数種類のランチであるが、特に我々一同が好むのは「十五穀粉粒で焼いたパンのサンドウィッチ」である。ふわっとした卵焼きにハム、野菜がたっぷりと挟まれた逸品で、他に、幾つかの小鉢に和風のおかずが添えられている。これに、コーヒーを注文して、お代は丁度1000円である。
 美味しさ、ボリュームは大満足!!・・ただ、一つ、せめてこれに「コンソメスープ」が付いていたらな〜っと、皆で言っている!!!
 
 ランチで、このサンドウィッチは数が限られている。我々は何時も釣り場から電話で予約することにしている。・・最近、仲間内から、釣りでなくとも、釣れなくても、雨の日にでも、これを食べに来たくなる!!と言う声が聞かれるようになった!!
 西伊豆に行ったら魚料理ばかり目指さずに、ぜひ一度、ここに寄ってみていただきたいと思う・・。
 カフェ&レストラン「る・れーぶ」Tel0558−56−1551(木曜定休)

Posted by 高澤鱚介 at 09時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年09月25日(水)

ヒザ痛・・治ったみたい?? [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

 一年間続いた膝の痛みが、たった1本の注射で、その瞬間から止まっている。10日過ぎた今日も治まっている。・・・本当に治ったのだろうか? いや、信じられない。これで治ったのなら、正に奇跡であると思う!! 

 何故なら、治った! 完治した!と言う確証が得られないのだ。・・これまでの治療過程で時には痛みが薄らぎ、治ったのか? もう少しの我慢だ!・・そんな期待を持たされたことが何度もあった。
 ・・でも、その全ては裏切られ、それ以上に痛みが増す!そうしたことがぶり返されてきたからなのだ。・・・だから、おいそれと「治った」などとは言えない・・・・。今は、たまたま痛みが取れているだけで、もしや明日にも再発するかも??・・・そんな気持ちが支配しているのである。

 今、痛みを感じない中、リハのため、歩くことを心掛けている。ただ、痛みを避けた防御姿勢に慣れてしまった足は、直ぐに正常な歩行姿勢には戻らない。
 カラ足を踏んだ時の痛み、下り坂、柔らかく不安定な地面での歩行、荷を背負うこと・・・、そうした動きにはめっぽう弱くなっている。
 
 今は先ず、普通の歩行に慣れること、・・・速足歩行、荷重をかけた歩行、柔らかい砂浜での歩行など、徐々に馴らして行きたいと思っている。
 
 当面の目標は、ともかく“砂浜で竿を振れる”ことだ!! 今週27日には,3か月ぶりに伊豆釣行を予定している。再発が無ければ、11月には、落ちギスを狙って能登遠征をしたいとも思っている。
 ・・・馬入のハゼも気になる?・・・痛みが無くなった途端、釣行への思いが急激によみ返ってきた。・・現金なものである!!

 以上、自分にとって嬉しい報告だが、ヒザ痛に悩む方は意外に多いことが分かった。多くは慢性化しているようで、その方の悩みはよくわかる。今回の経験から見た、医者の診立てなどについて参考になればと思い、その中、少し披露しておきたいと思っている。

Posted by 高澤鱚介 at 08時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年08月31日(土)

「真打ち−アグレ11」も発売!! [鱚介オリジナル工房]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

真打ち−アグレ09と11

アグレッシブにキスを責めたい!!
 そんな意識をお持ちの方からのご要望に沿って、過日新しい形の鱚介テンビン「真打ち−アグレ9」を発売しましたが、更に、これより一歩強化した「真打ち−アグレ11」を完成させ、新しいパーケージに包装し発売いたしました。

 これまで「真打ち」をお使いの方からの「真打ち」は余りにも感度が良すぎて、バレの確率が高いのではないか?とのご質問に対して、そうであるならば、「アーム中間部の内側を(くの字)に折り曲げ、クッションを付けるよう」・・・勧めてきました。

 この課題を解決したのが新しい鱚介テンビン 【真打ち−アグレ】 です。

 先の「真打ち−アグレ09」は、一番人気の「真打ち−黒(線径1.0mm)」よりやや柔らかく、「真打ち−赤(線径08o)」よりやや硬い、その中間の、これまでテンビンの線径には採用され難かった【0.9o】を標準規格として選びました。

 この「真打ち−アグレ」は、線径を0.8o、0.9o、1.0o、1.1o、1.2oの5種類製作することが可能です。 ただ、正直言って、これらすべてを作り置きする余裕はありません。

 そうした中で、今回はご要望が強かった、剛腕の方や多点ハリをご使用の方への対応です。そこで選んだのが「真打ち−黒」よりやや硬めの、「真打ち−藍」と同じ線径の【1・1mm】での製作でした。張りがあって、食い込みも抜群に思えます。また、これまでの「真打ち」から一歩進化した、正にアグレッシブな釣りに向いていると思います。価格は、2本入りで1000円となります。

 なお、この2種類以外の線径のモノ、既定以外の規格であっても、同様な価格でお作り出来ますので、何なりとご相談ください。また、先に発売した0.9oと今回の1.1oをセットすることも可能ですので、ご相談ください。

 御入用の方は、鱚介オリジナル工房のホームページから、また、現物を手に取ってみたい方は、小田原市酒匂の「宮嶋屋釣具店」にて扱っています。

             令和元年 9月 1日 
                鱚介オリジナル工房店主 高見澤佑介

Posted by 高澤鱚介 at 17時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

出来すぎ!!

出来すぎ!!

ウッドガン・アワビ

ウッドガン・アワビ

能登、狼煙漁港に大ギス挑戦!!

能登、狼煙漁港に大ギス挑戦!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.