高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2019年01月19日(土)

川奈:イルカ浜堤防へ!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

小さいですが貴重な1尾です!

 茅ケ崎海岸が終息に近付いた中、気分転換を兼ねて東伊豆伊東港に行ってきた。神奈川サーフFCの和田会長、STさんの3人・・。
 午前7時近く、伊東港東の松川河口の赤灯堤に着く。釣り人の姿は無い。数投するもエサも無くならないし、全くキスの気配は無い。小さな突堤だから多くは入れず、入り口付近で困ったような顔をした夫婦に場を明け渡し、即、移動することに・・。

 ・・伊東港南に位置する新居新堤に行く。以前は南側の港外を狙って釣れたが、今はかさ上げされ、テトラが入ったそこは危険で投げられない。
 止む無く港内を狙ったが、ここでもアタリは無かった。・・と言うより、休日のため投げられる場所が無かったのだ。

 ならばと、南下して川奈の「イルカ浜堤防」に行く。・・多くの釣り人が居たが、右手の旧堤防方向であれば投げられそう・・!!
 東側では多くの釣り人がカマスを狙っていた。キビナゴをエサにした者、ソフトルアーで釣る者と多彩だったが、誰もが25,6センチはあろう太ったヤツを、竿を大きく曲げて釣り上げていた。

 さて、3人揃って船道を攻めたのだが、ここもキスのアタリは無い。・・喰うのはキタマクラばかりだった。
 ハリは無くなるし、今日はダメか?と諦めかけ時だった。STさんが、これはキスのアタリだ!っと、・・・小さかったが確かなシロギス・・。本日の初物だった。
 ・・期待は有りか??・・皆、少し気が入ったような雰囲気はあったが、しかし、それ以降も矢張りダメ・・。
 そこに、またまたSTさんが1尾を追加したのである!!
 
 釣れない季節に、釣れないこの日に、気を吐いたのは一人STさんだけだった。・・・実は、今日の釣行計画をたてたのが、このSTさんだったのである。・・・矢張り、彼はそれなりに気を入れて来て居たのだった!!

 早いが、11時過ぎ終了することに・・・。

 冷えた体を温めようと、釣行時に行きつけの“手打ちうどん”ひろ本(伊東市吉田:135号線沿い)に行く。何時もこれしか注文しないアツアツの「たぬきうどん」を、汗をかきかき食べてきた。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

エソがダブルで!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

良く引いたカワハギ!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

イルカ浜堤防

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

川奈漁港


Posted by 高澤鱚介 at 16時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月16日(水)

今日は1尾でした! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

3人各1の釣果です!

 今日は潮の変わり目である若潮、ダメはもともとで出かけてみた。ウネリっ気もあって良くない・・・。
 広くは無い海岸だが、探ってみた。アタリは無く、フグの猛襲・・・。どれくらいハリを消耗したか・・・。

 遠方から同行の和田兄さんが手招きする。・・良型を釣ったようだ・・。
早速場所替えで傍に行って見た。・・25センチほどの大きな奴だった。

 喰ったエサは最近見かける赤い青イソメだったと言う。3本バリにその柔らかいエサを付け、3色に投げてみた・・。
 その途端、ガッツン!!の大きなアタリが・・・。22センチほどの良型だった。好きでは無いエサだったが、釣れるエサは好きにならねばならない??
 
その後はウネリガ高くなり辞めてしまったが、今日の釣果は、その1尾だけであった!!
 時は確実に過ぎ去りてゆく!!・・・と言うか、日一日とキスもキス釣り師も遠ざかっていくようで、今日の釣り人はまばらだった。
 
  明日、もう一度行って見る心算だが、どうだろうか???

Posted by 高澤鱚介 at 16時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月14日(月)

まだ楽しんでます!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今日の釣果

 暮れに大釣れしていた茅ケ崎海岸(東のヘッドランド周辺、サザンビーチ海水浴場、馬入柳島)は、正月を過ぎた今もマダマダ釣れ続いているようである。この連休も連日、達人たちが海岸を賑わしていた。
 
 ただ、型も数もぐっと減り始め、もうそろそろ終局を迎える感がある。
 
 小生も元旦と3日を除き、ほぼ毎日のように通い続けているが、今でも良い時にはツ抜けるほである。

 平塚海岸沖の観測塔から発信されている海況での水温は16℃を割ったが、茅ヶ崎方面の浅場、海岸波口は今も可成り高く感じ感じられ、ずっと通っている中でも、極端に下がった様子は無い。
 事実、実際に喰う距離は遠投、深場などと云うことは無く、3色以内、極端に言ってチカラ糸で喰う場合もある。
 
 ただ、大型が2連、3連で来るようなことは無くなり、数尾に1尾の割合で単発でしかなくなった。
 ・・・そうは言うものの、最近はピンギスも混じり始めている中、時折来る25p級の強烈なアタリにはおどかされる。

 後、どのくらい釣れ続くのかは誰も分からないのだが、通う常連はその最後を確かめたい・・・、そんな心算で、まだまだ通い続けるのだろう!!
 勿論、小生自身もその内の一人、明日も行こうと思って居る!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 14時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

川奈:イルカ浜堤防へ!!

川奈:イルカ浜堤防へ!!

今日は1尾でした!

今日は1尾でした!

まだ楽しんでます!!

まだ楽しんでます!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.