高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2018年05月23日(水)

葉山一色海岸で! [釣りを楽しむ釣り]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

綺麗なキスだった!

一年振りに、三浦半島葉山の一色海岸に行って見た。未だ、海水浴には早い海岸は穏やかで、かなり期待の持てる波だった。

 海岸左手、沖合100メートルに浮かぶ「亀岩」周辺で大物が期待できるとのこと・・。
 第一投は空振り。第二投目に、18センチほどの元気なヤツが付いて来た。・・・幸先良いスタートだが、こうした時はダメにつながることも多い。

 実は、やはり答えは後者だった・・・。何処に投げようとフグばかり。6号のハリは抵抗も無くなくなる。サビキを早めれば、パーフェクトでフグの吹き流しが出来てしまう。投げる度に失うハリの数は??? 無限仕掛け巻を2つも消費してしまった!!

 まあ、そんなことで、釣友の5尾が頭、次が4尾、小生は3尾、尻が1尾と、全員が貧果で終わった。
 
 この日の水温はかなり低くそれが影響したようだが、今後の気温上昇に合わせ水温も上がり、期待が持てそうである。 ただ、夏場に向かって、海洋スポーツが盛んになり、海水浴場も開設されるから、やるならウイークディの早朝ぐらいだろう。

 また、駐車場は少ない。・・早朝なら街中の有料駐車場か、御用邸前を三浦に向かって直ぐの海岸沿いにある公園に無料駐車場があるそうだ。海岸まで歩いても大した距離ではなさそうである。

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

フグの吹き流し!!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

右手早朝の海岸

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

左手

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

投げるのは軽く!


Posted by 高澤鱚介 at 11時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年05月19日(土)

シンカーアーム・テンビン? [おもしろ試作品]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

何と名付けて良いのか判らないが、シンカーの基部からアームを出した投げキス用の面白テンビンである。

 基となったシンカーは、行きつけの宮嶋屋釣具店の隅に、ホコリを被って置いてあった船キス用のテンビンである。

 以前、投げ用のオモリ(ウッドガン・タングステン)の中間部から、形状記憶合金アームを出したものを造り、使っていたことを思い出した。効能は特に優れたものとは感じてなかったが、絡みも無く、アタリはストレートでシンプルなシンカーだったことを思い出した。

 約1ㇳ月前に店で見かけ、早速改造し使ってみた。重量が15号と軽く、使う場所や使える道具が限られるが、キススペFX、モアザンカムイの改造竿では、3本バリであれば5色まで投げられる。

 この所、さっぱり釣れずで確実に使いこなしてはいないが、その釣れない中でも、投げた時のトラブルは無く、アタリは魚がエサを咥えて引っ張るのさえも感じられる。
 ・・・正直言って、かなり気に入っており、今後の釣行には欠かせないグッズとなってしまった。

 ところが、造った2個は根絡みで無くしてしまい、一昨日改めて、形状記憶合金アーム(SMABS)付きのモノを10個ほど造った。
 欲を言えば、もう少し重い20〜27号位のものが有ればよいのだが、船ではそんな重いのは使わないから実在しないだろう。・・・でも一応、宮嶋屋釣具店さんに問い合わせしてもらっている。

 釣り具の多くは専門性があるが、時として、応用すれば使えるものもある。こんな遊びも結構楽しいものである。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

船キス用テンビン15号

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

改造前後


Posted by 高澤鱚介 at 09時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年05月18日(金)

釣れていません! [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

潮の引いた静かで美しい外浦海岸

 何処かで、誰かが、釣ったと言う情報が伝わってきますが、小生にはさっぱり釣れていません。

 今日海岸で会った釣友から、ブログがちっとも変っていませんね!釣れる情報を書いてくださいよ!!・・と云われてしまった。・・・確かに、釣れなくとも、それを書くことは貴重な情報提供なのかも知れない。

 昨日は、何時もの仲間と東伊豆下田の外浦海岸に行ってきた。・・何方かの情報で、外浦が釣れた!!・・と聞いて、行ってみたのである。
 そもそも、釣れた情報を聞いて行動するのは余り好まないし、そうした情報を得てから行った釣りで、良い思いは余り無い。

 でも、今は違う。ずっと茅ヶ崎海岸に通い、平塚海岸にも通ってはいるのだが、さっぱり釣れずで藁をも掴むと云った心境だったのである。

 しかし、やはり釣れなかった。5時30分〜11時まで頑張った。広くは無い海岸だが、隅から隅まで投げ歩いた。
 
 釣果は、3人で20尾に届かなかった。見方によれば釣れたと云われるかもしれないが、14,5センチの小ギスばかりだったから、とても釣れたうちには入らないのである。
 
 ・・・でも、通ううちには、その内当たることもあろう。既にキスの釣季には入っているのだから・・・。


 今朝、残りエサを持って、平塚海岸テトラ前に行ってきた。フグばかりで、キスの顔を見たのは5人の内3人だけ。ただし、各々が1尾だけだった。

・・・と云った状況報告で〜す!!

Posted by 高澤鱚介 at 09時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2018


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

徳島鱗友杯に参加!!

徳島鱗友杯に参加!!

「竹シンカー」造り人 判明!!

「竹シンカー」造り人 判明!!

下北半島・恐山参拝と精進落とし

下北半島・恐山参拝と精進落とし

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.