高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年03月28日(火)

今朝12.0度・・今季最低水温か?? [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

 桜が咲いても水温は少しも上がってこない。最近は朝起きて、先ずはパソコンを開き海況情報を見る。相模湾は13℃、14℃、15℃の水温の幅の中で上下しており、これでは釣れる訳が無いと釣行を諦める。
 しかし、そんな状態であっても、今日こそ上昇に向かうであろうことを願う気持ちで、キーボードを叩いてしまうのは釣り人の性なのかもしれない。

 ・・・で、今日の情報を見て驚いた。

 小田原、江の浦自動観測ブイの観測値(水面下1メートル)に、目を疑うような数値を見つけたのである。

 何と、午前7時の水温が12.0℃とある。・・小生はこの相模湾にあって、水温12.0℃と言う低い数値は知らない。

 過去からのデータを調べてはいないが、小生にとって初めて知る記録的な低水温である。
 昨年、この観測機器が故障したが12月には回復している。だから、もしかして機器の不具合なのかも知れないと思ったのだが、時間とともに上昇し始めている。
 また、平塚沖波浪等計測塔の観測値とは、通常、1度前後低いのだが、今朝の数値は13℃台であり、あながち機器の故障でもなさそうだ。

 まあ、何れにせよ、水温が上がらねばキスは来ない・・。今まで通り、気を長くして待つしかなさそうである。

参考までに、江の浦の数値は以下の様であった。

日データ一覧から
05:00  12.3℃  WSW 0.03 N 0.01 SE
06:00  12.2  NNE 0.02 NE 0.01 SW
07:00  12.0  ENE 0.01 WNW 0.01 ESE
08:00  12.2  NNE 0.04 WNW 0.01 NNE
09:00  12.4  NE 0.07 N 0.05 NW
10:00  12.8  WNW 0.07 WNW 0.08 W


Posted by 高澤鱚介 at 11時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月25日(土)

半ぶら ウッドガン・メタボの改良 [鱚介オリジナル工房]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

新型半ぶら ウッドガン・メタボ

今日、小田原の酒匂海岸で行われていたダイワの投げ竿試投会を覗いてきた。宮嶋屋釣具店に早くからポスターが掲げられ、天候も良かったことから、かなり多くのキャスターが盛んに投げていた。

 そんな中、海岸左のテトラ付近で早朝から釣りをしていたと言う東誠治さん、高橋さんが、20aクラスの良型を5尾上げたそうな!
 ・・・水温は未だ14℃台だが、少しづつ温かい潮が入り始めたのかもしれない。・・・早く浅場にも近づいてほしいものである。

 
 さて、今年は「半ぶらのテンビンオモリ」が、更に広く好まれるようになって行く気がしている。
 どのような種類のシンカーでも、大概のモノは半ぶらに改良することは可能である。・・だが、鱚介オリジナル工房としては、矢張り「ウッドガンの半ぶら」に力を入れたいのだが・・・。

 「半ぶら」にするには、カイソーやデルナーのようなテンビン付きオモリを選んだ場合は、先ずはそれを単ガン化しなければならない。これまでの単ガンは、丸目位置が木部てっぺんに付いているが、半ぶらでは木部と丸目の間に足が必要なことが分かった。
 そこで、新たに造ったものは、Wスリーブ1個分の長さを足にしてみた。ウッドキャップを被せ、カップワッシャーを嵌め、それをWスリーブで加締め、ハンダで付ける。・・造るには手間が居るが、オモリとテンビンの間や形も整い、とても安定したものに出来上がった。
 ・・・今後つくる「半ぶら」には、全て長足を付けることになりそうである。

 
 さらに、オモリとテンビンを半ぶら状態にするゴムの部分だが、ここは効果的な硬さを保ちつつ、耐久力を備えたモノに仕上げる必要がある。言わば、半ぶらテンビンオモリの心臓部にあたる。

 これまで商品化した後も、づっと試作を試みて来たのだが、今やっとその結果が出た。
 一言で云ってしまうと、熱収縮ゴムの処理方法から解決したのである。細部は言えないが、ゴムの嵌め方、熱の加え方である。・・・そうしたことを、一個一個バランスを見ながら拵えて行くのである。

 今回完成したものは、ウッドガン・メタボの25号,27号,30号で、縦軸は全てSUS304Hの1.0ミリのステンレス線を用いた。
 これをベースに、アーム軸を縦軸と同じ1o通しで造った「1oアーム」、0.8oで造った「08」アーム、形状記憶合金の1.0oで造った「SMABS」の3種類が完成。
 ・・・さっそく宮嶋屋釣具店にて販売を開始した。

 アームの種類、太さ、長さ等は使う方の好みで変わるもの、・・従って、希望をお伝え頂ければ、いか様な「半ぶらテンビンオモリ」にも仕上げることが可能。今は季節柄、時間に余裕がありますので何時でもご相談ください。

 

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

足長のウッド単ガン

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

熱収縮ゴム


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

二重に被ったゴム

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

トライアングル固定


画像(135x180)・拡大画像(360x480)

半ぶら SMABS

Posted by 高澤鱚介 at 15時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月21日(火)

お薦めできる「キス・スペ 405 FX+」!! [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

キススペ 405 FX+

 これまで、このブログで竿のことを書いた事は少ない。 ・・何故なら、竿の良し悪しを評価したり、評論できるだけの知見を持たないからだ。

 投げ釣り用の竿を造っているメーカーは数社だが、その種類は多いし、毎年繰り返し新しいモノが出されている。竿の良し悪しは実釣する中で感じ取ることが出来るのだが、こうした大量の竿、高額な竿を持つこと、試すことも、ましてや日々、実釣で試すことなど出来る訳がない。

 そうした難しい条件の中にあっても、この竿は良い、あの竿はダメだ・・等々、釣り人の間では当たり前に、しかも淡々と、自信に満ちた評論がなされていることが不思議でならない。・・それに惑わされる方も結構多いのだ・・。
 
 竿の良し悪しは、同じ竿であっても、使う個人の体力や経験値によって全く異なるものである。従って、自分に良いからと言って、必ずしも他人にまで勧められるものでもないだろう。

 小生はこうした意識から、自ら感じたままを語ることはあっても、知ったかぶりで人様に高価な竿を買わせてしまうような「切っ掛け話し」は出来ないのである。

 とは言いつつ、多くの方から竿のことを聞かれる。

 ・・・確かに、これまで多くの竿を振ってきた。つい先日、これまで使ってきた古い竿を50本ほど処分した。
 リールシートやガイドが腐ってしまい使える代物ではなかったが、このまま置いても邪魔だし、後々処分に困るので、この際一本一本の思い出を断ち切りながら処分した。
 でも、比較的新しく使用に耐える大事な竿が、未だ30本近く残っている。これからはもう一度、時期や釣り場に応じて使い分け、今に見合った竿を見つけたいと思って居る。

 
 さて、小生は「投げ釣り用の竿」に関して、自分自身の体力や技量に応じて、二つの機能面から良し悪しを判断している。

 一つは、「投げ(竿)」の機能であり、もう一つは「釣り(竿)」の機能である。この二つの機能が、自分にとって適当に満たされるモノ、・・・これが自分にとって良い竿であると思っている。
 
 長い経験から見ると、投げ釣り用の竿は、これまで「投げる機能」ばかりを重視してきたように思う。しかも、如何に遠投が可能かを追求してきた。いわゆる硬調子の竿である。
 ・・釣れる範囲を広く探れることことから、確かに遠投は有利である。また、投げ釣りの魅力として、人よりも遠くに仕掛けを投げ込むと云った競争心を高めてきた。・・それも良いだろう。
 ・・・実は、こうした反面、投げ易さ、アタリの楽しみ、細かいテクニックなど、釣り本来の楽しさを実釣できる軟調子の竿・・・、これを遠ざけていたと言えないだろうか。
 一つの見方だが、こうした軟調子の竿を持つことを、自ら恥ずかしがる雰囲気すらあったと思う。
 
 しかし、である。・・・投げ釣りの世界も進展し、最近では、競争の釣りから自然環境を重視した、静かな釣り文化が育ち始めているように思える。・・・言うなれば、一尾の魚を、大事に、楽しみながら釣るといった方向にある。
 同時に、投げ竿も進化し「投げ、釣り」を、同時に満足できるような竿も出現した。・・この際、ニワトリが先か、卵が先かはどちらでも良い・・。

 小生がずっと抱いてきた釣りであり、探し続けた竿が見つかったのである。・・標記に掲げた「シマノ」のキススペシャルである。
 これまで、AX〜EXまで全ての種類を使ってきたが、一番軽量なEXでも、未だ物足りなさを感じていたのであった。・・そこに昨年出現した、長さ4.05m、硬さがFX+という竿・・・、すぐに注文し入手したのである。
 
 この竿は、オモリの標準負荷が24号で、細身で、自重310gと云った軽量であるが、軽くも、思いっきりも振れる竿である。それこそ6色以内の範囲を楽に探れ、キスのアタリも、これまでには無い鋭い伝わり方を感じることが出来るのであった。

 値段は高いが、小生にとって今、この世界に於いて、これ以上の投げ竿は見当たらない。・・・一言で云えば、誰にも適応する万能の竿だと言っても過言では無いだろう。
 もし、選ぶ竿に迷っているなら、思い切ってこれに決めても決して後悔は無いと考える。
 ・・冒頭に書いたような禁を破っても言えるような、そんな優れた投げ竿であると思って居る。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

塗装も新たになった・・

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

シートガイドは「工房哲」で・・


Posted by 高澤鱚介 at 11時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

「W・スライド」 テンビン

「W・スライド」 テンビン

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ-2

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ-2

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ!

平塚海岸 テトラ前のチョイ投げ!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.