高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2014年11月30日(日)

湘南鱚酔会・オープン投げ釣り大会 [思い・雑感・・あるまま]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

長島実行委員長のご挨拶

 新たに発足した湘南鱚酔会の「第1回オープン投げ釣り大会」に参加された60名もの多くの方、本当にお疲れ様でした。初回にもかかわらず遠路からも参加を頂き誠にありがとうございました。
顧問の立場から心より御礼申し上げます。
 
 結果等は湘南鱚酔会のHPに報告されると思いますので、・・・ここでは “致しません”・・・。

 釣果の方は厳しかったですが、個人的な立場から言わせてもらえば旧湘南鱚酔会の縛りから外れ、皆さんと共に楽しむことが出来たとても良い大会だったと心から感じています。

 本来あるべき釣り大会の姿、新しい湘南鱚酔会の在り方をも垣間見るような、和やかな大会だったようにも思います。 少し残念なのは旧湘南鱚酔会の会員の参加が少なかったことですが、見方を変えれば、老から若へ世代のチェンジが進んでいることが明らかになったと思います。

 発足したばかりの新しい湘南鱚酔会の初めての大会でしたから、運営等についてはまだまだ課題があります。しかし、今日の結果から感じたのですが、そうした課題は十分に乗り越えられると確信も致しました。

 今回の大会を企画し運営したのは、私を除く7人のスタッフです。7と云えば、七人の侍とか、荒野の七人とか、七聖人とか、中には七変化などと云うものもありますが、・・・何かを仕組み、実行するには7が良い数なのでしょうかね?
 皆さん、それぞれの釣りクラブに所属されています。自分たちが持てる力を持ち寄って、より広く、より多くの投げ釣り仲間を募って、投げ釣りとはこんな楽しいもの、釣り人同士の絆を広げたい・・・と、考える方たちです。

 大会ですから、何らかの形で勝負を付けねばなりませんし、面白くなければ興味が起きません。そこで今回執った手法が「トリオ戦」でした。
 「自らが組んだ3人仲間」が、「力」を持って勝負に挑もうという事ではありません。
 今回はネットを活用して事前登録しましたから、予め参加者の名前も人数も把握できています。ならば、より交流を深める意味を込めて、抽選によりトリオ戦を組み、3人が釣った総数で勝負することとしたのです。

 慣れない方には不安はあったと思います。しかし、どうだったでしょうか?・・終わった後はとても和やかでした。 仲間の好成績で勝たせてもらった!!と言う方も多かったと思います。私もその一人ででしたが・・・。でも、釣れなかったからと云って詫びることはありません。一言お礼を言って、明日からは腕を磨き、次の機会にお返ししたらと思います。
 
 今後も湘南鱚酔会主催のこうした大会が行われると思いますが、何時もトリオ戦とは限りません。見知らぬ者同志で出会った方!! 今日を境に、釣り場で行き会ったならば、是非声を掛け合って和と輪を広げていって頂きたいと思います。

 現在、湘南鱚酔会は会友(会員とは言いません)の公募は致していませんが、私個人としては、今後何らかの形で会友を募り、より良い投げ釣りの友好組織として発展してほしいと思っています。
 私は何時も若い方の力が、新たな発展の力となるものと信じています。そうした働きかけがあったら、是非、一員として参加され一緒にやって頂きたいと願います。

 協賛いただいた、北陸の吉野海洋さん、平塚の原田耕一さん、横浜の山田立哉さん、宮嶋屋釣具店さん、ハリよしさん、ありがとうございました。ついでに我が零細鱚介オリジナル工房はこれからも分相応な形で応援をさせて頂く積りです。

 スタッフのみなさんご苦労様、ありがとうございました。



 
大会の模様は、当ブログのリンク集「釣りにお出かけ」「はりよし」にUPされています。 

画像(180x108)・拡大画像(479x289)

参加者一堂に!

Posted by 高澤鱚介 at 19時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年11月17日(月)

湘南鱚酔会からのお知らせ [思い・雑感・・あるまま]

 
 湘南鱚酔会第1回オープン投げ釣り大会実行委員会から、次の通り連絡を頂きましたのでお知らせいたします。

当日受付の変更について
 
 投げ釣り愛好家の皆様の交流の場としてご案内しました湘南オープン第1回投げ釣り大会は、おかげをもちまして11/15の締切日までに約60名の参加者となりました。誠にありがとうございます。
 つきましては、第1回目の大会でもありスムーズな運営を図るため、これ以降の参加希望に付いては、1月24日までにメール( shounan_kisuikai@yahoo.co.jp )、もしくは、湘南鱚酔会会友に参加希望の旨を申請ください。その際、氏名 住所 所属クラブ メール、連絡先などご連絡ください。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


大会参加者の皆様へ
 今回は第1回目ということもあり、大会形式は、参加者相互の懇親と和を図りたく、抽選によるトリオ戦とすることに致しました。従いまして、順位は1位から3位まで各組3名、9人を受賞対象とします。その他、ブービー賞、大物賞、最多数賞なども用意しております。参加者全員に参加賞を用意しておりますのでお楽しみに!!

 なお当日は、開催要項のほか下記の要領にて行いますので、受付時間までに集合されますようお願い申し上げます。

 大会形式は、参加者相互の懇親と和を図りたく抽選によるトリオ戦とすることに致しました。従いまして、順位は1位から3位まで各組3名、9人を受賞対象とします。その他、ブービー賞、大物賞、最多数賞なども用意しております。
 更に、参加者全員に素晴らしい参加賞が用意されていますのでお楽しみに!!

 当日の会場は、大礒港駐車場本部に集合、受付、開会の後、釣り場は西側の大礒町役場から旧吉田邸下、葛川までとます。
 終了は各自が本部に戻れる時間までとし、午前11時まで(時間厳守)に審査会場である本部にお集まりください。

 また、雨天では実施しますが、大荒れ等の場合は前日29日(土)の正午までにその可否を決定し、湘南鱚酔会ホームページ、鱚介のシーサイドブログ等でお知らせ致します。

湘南鱚酔会ブログ(仮設)http://blogs.yahoo.co.jp/shounan_kisuikai
 
高澤鱚介 Sea Side Blog http://www.tokyobay.biz/kisuke/index.php

 なお詳細については、大会当日発表いたします。           
大会実行委員会会長 長島吉孝

Posted by 高澤鱚介 at 20時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年10月31日(金)

湘南オープン・第1回 投げ釣り大会 [思い・雑感・・あるまま]

 表題の告知について湘南鱚酔会大会実行委員会から依頼がありましたので、次の通りご案内申し上げます。参加を希望される方は11月15日までに、湘南鱚酔会の会友を通じて、或いはメールにてご連絡ください。参加人数はMAX100名程度と思われます。

 
各 位
 落ち鱚も佳境を迎えようとする今日この頃、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 この度、湘南鱚酔会を発足し鱚の投げ釣りを楽しみたい太公望の皆様と交流を深めるために下記の要領にて、湘南オープン第1回投げ釣り大会を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
 湘南の海を愛する投げ釣り愛好家の御友人へ声掛けの上、皆様のご参加をお待ち申し上げます。
 季節の変わり目でございますので、お身体にはご自愛ください。

               記
○大会日時:平成26年11月30日(日) 
○集合場所:大磯鴻県営駐車場
○集合時間:6:00 
○開会式 :6:30〜
○競技内容:7:00〜11:00 総尾数(鈎数は5本以内)
○参加費 :1500円
○参加申し込み:
・11月15日(土) までに、湘南鱚酔会会友もしくは、
メール(shounan_kisuikai@yahoo.co.jp)にて連絡ください。

※当日参加も可能ですが、準備の都合上、事前申し込みをお願いします。

※本大会における事故・傷害等については、当会は一切負いません。津波・地震等については、自己責任でお願いいたします。

         湘南オープン第1回 投げ釣り大会
         湘南鱚酔会 大会実行委員長 長島吉孝

Posted by 高澤鱚介 at 15時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

マダ、釣れている!!

マダ、釣れている!!

大ギス復活、絶頂期かも!!

大ギス復活、絶頂期かも!!

1日で回復した?・・のか??

1日で回復した?・・のか??

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.