高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2019年08月31日(土)

「真打ち−アグレ11」も発売!! [鱚介オリジナル工房]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

真打ち−アグレ09と11

アグレッシブにキスを責めたい!!
 そんな意識をお持ちの方からのご要望に沿って、過日新しい形の鱚介テンビン「真打ち−アグレ9」を発売しましたが、更に、これより一歩強化した「真打ち−アグレ11」を完成させ、新しいパーケージに包装し発売いたしました。

 これまで「真打ち」をお使いの方からの「真打ち」は余りにも感度が良すぎて、バレの確率が高いのではないか?とのご質問に対して、そうであるならば、「アーム中間部の内側を(くの字)に折り曲げ、クッションを付けるよう」・・・勧めてきました。

 この課題を解決したのが新しい鱚介テンビン 【真打ち−アグレ】 です。

 先の「真打ち−アグレ09」は、一番人気の「真打ち−黒(線径1.0mm)」よりやや柔らかく、「真打ち−赤(線径08o)」よりやや硬い、その中間の、これまでテンビンの線径には採用され難かった【0.9o】を標準規格として選びました。

 この「真打ち−アグレ」は、線径を0.8o、0.9o、1.0o、1.1o、1.2oの5種類製作することが可能です。 ただ、正直言って、これらすべてを作り置きする余裕はありません。

 そうした中で、今回はご要望が強かった、剛腕の方や多点ハリをご使用の方への対応です。そこで選んだのが「真打ち−黒」よりやや硬めの、「真打ち−藍」と同じ線径の【1・1mm】での製作でした。張りがあって、食い込みも抜群に思えます。また、これまでの「真打ち」から一歩進化した、正にアグレッシブな釣りに向いていると思います。価格は、2本入りで1000円となります。

 なお、この2種類以外の線径のモノ、既定以外の規格であっても、同様な価格でお作り出来ますので、何なりとご相談ください。また、先に発売した0.9oと今回の1.1oをセットすることも可能ですので、ご相談ください。

 御入用の方は、鱚介オリジナル工房のホームページから、また、現物を手に取ってみたい方は、小田原市酒匂の「宮嶋屋釣具店」にて扱っています。

             令和元年 9月 1日 
                鱚介オリジナル工房店主 高見澤佑介

Posted by 高澤鱚介 at 17時17分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.tokyobay.biz/kisuke/tb.php?ID=938

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

40尾、4冠は出来すぎ!!

40尾、4冠は出来すぎ!!

ウッドガン・アワビ

ウッドガン・アワビ

能登、狼煙漁港に大ギス挑戦!!

能登、狼煙漁港に大ギス挑戦!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.