高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年12月25日(月)

マダ、残って居ました!! [釣りを楽しむ釣り]

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

今日の釣果

 今朝早く、雨の上がった茅ヶ崎海岸に行ってみた。昨日の日曜日はかなり多くの釣り人が入り、釣果の方も良かったと聞く。・・釣りきってしまったか、雨で冷え込み、もう去ってしまったかもしれない??
 そんな中での釣りであった。・・だが、早朝こそダメだったものの、明るくなった7時頃から良型が喰い始めた。相変わらず2色ラインで食い、2連3連と追い食いもあった。・・エサは岩イソメだった。

 この日は小潮で9時半頃が満潮の釣り日和である。しかし、早朝静かだった海は、低気圧の影響が出始めたのか段々と高くなり、ウネリとなって荒れ始めてしまった。・・・寄せる波に座を追いやられ、9時頃には石積み堤防まで下がらざるを得なかった。

 ・・・その頃には、海岸線に沿った沖合には多くのサーファーが増え始め、やがて喰いも止まってしまった。
 でも、早朝から8時半ごろまでの約2時間に喰い盛ったお蔭で20数尾の釣果を見た。

 昨夜来の雨と今日の荒れでキスは去ってしまうかも知れないが、急には居なくはなるまい。まだまだ期待しており、当分の間、諦めず探ってみたいと思って居る。



また、一言・・・。
 今日は地元の釣り人ばかりだったが、聞くところ、昨日の日曜日は外来者で大変込み合ったそうである。釣果の方も可なりあったらしい。
 実は、それはそれで良かったのだが、マナーの悪さが目立ったようで、それを非難する声を聴いた。
 
 先行していた地元釣り人の近くに、何処かの釣りクラブ員らしき者が座を取った。それは良いのだが、釣れているその側に、段々とそのクラブ員の仲間であろう何人かが集まり、その小場所を占領・・。重なるように入り込み、更には、後ろから被せるように投げていたそうである。・・当然仕掛け絡みが生じていた・・。
 
 分りやすく言うと、釣り場の一番奥は石積み堤防が張り出しており、その先端狙いにポイントがあり、その奥側は根掛りゾーンなのである。
 言うなれば一番奥に先行者が居たら、その右奥に入るのは遠慮すべきだし、重なり合った後ろから投げるなど、とんでもないことである。
 囲まれてしまった先行者の中には、すごすごと場所を去った者も居たそうである。

 いつも思うのだが、一人の時の釣り人は紳士的であるが、何故か仲間内が集まると豹変する。・・ゴルフは紳士のスポーツだと云われるが、投げ釣りの方も是非そうした評価を得たいものである。 

 

画像(135x180)・拡大画像(360x480)

地元ベテラン富田さん!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

朝は静かだったが・・


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

荒れが・・

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

座を後退・・


画像(180x135)・拡大画像(480x360)
画像(180x135)・拡大画像(480x360)

Posted by 高澤鱚介 at 16時39分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.tokyobay.biz/kisuke/tb.php?ID=848

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

こんな寒い時には・・・・

こんな寒い時には・・・・

湘南銀ギス!  今期第1号 ゲット!!

湘南銀ギス! 今期第1号 ゲット!!

                  謹 賀 新 年

         謹 賀 新 年

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.