高澤鱚介 Sea Side Blog

投げ釣り研究家

2017年02月10日(金)

烏帽子岩周りのカワハギ [船釣りを楽しむ]

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

佐藤さんの26,23p!!

 茅ケ崎沖右ヱ門丸の木村英雄社長さんとは、神奈川県栽培漁業協会の評議員としてご一緒させて頂いている間柄である。
 沖右ヱ門丸には、以前から船キスでお世話になっているが、そろそろ終盤のカワハギ釣りに来ませんか!!・・そんな誘いを受けていた。

 この季、浜からのシロギスは釣れずで、ならば船キスをやろうと思って居たのだが、今、その船ですら釣れず、行きつけの船宿はどこもキス船を出していない。

 こんな中、一昨日、久し振りに休暇が取れたので近場の茅ケ崎からカワハギに行かれませんか?と・・投げ釣り仲間の佐藤正美さんからのメールが入った。

 天候が危ぶまれたが、これぞ天からの声!二つ返事で決めてしまったのである。・・直ぐに船宿に「生のアサリ餌」を予約、今日行ってきた・・・。


 全国的に天候はすぐれず、大雪警報すら出されている地方もあったが、ここ湘南だけは恵まれ、穏やかであった。寒く曇り空だが、風も無い。多少風は出ようが荒れることもなさそうで、十分釣りは出来るとみた。
 
 午前7時、乗合の28号船は10人ほどのベテランさん達を乗せ茅ケ崎漁港から出発した・・・。

 先ずは烏帽子岩の少し沖、カワハギは意外と浅場に居た。立ちは30メートル前後である・・、入れて間もなく小さいが元気のよいヤツが来た!
 
 陽の当る右舷席は先客に取られ、日陰の左舷には佐藤さんと二人だけだ!・・・でも静かだし、マツることも無い。・・・寒さ対策はしっかりとしてきたから、全く問題は無かった。

 喰いは決して良くは無いが、浅場のエキスパートと云われる中村啓明船長は、釣り客の掛り具合を観つつ、盛んに釣り場を替え探ってくれた。

 茅ケ崎からのカワハギ船は、烏帽子岩周辺だけでは無く、江の島周辺から鎌倉沖にまで足を延ばす。今日も腰越付近まで探ってくれたが、結果から見ると、一番釣れたのは烏帽子から江の島の間だった。

 佐藤さんと二人の釣果は確か28尾・・。三浦と比べるとやや小振りだったが、25センチ以上が5尾ほど釣れ、この日の釣りは十分に満足できるものだった・・。
 
 三浦方面は未だに大漁?が続いているようだが、近場にあっても十分カワハギ釣りを楽しむことが出来る。・・・そんなことを改めて知った今日の釣りだった。
 
 因みに、午後2;00沖上がり、2;10茅ケ崎港帰着、2:20分船宿出発、2:30我が家に帰着。・・こんな具合だった!
 
 更に、既に料理も終え、これから夕食に向けカワハギの薄造りを皿に並べ、キモ和えで、美味しい日本酒「麒麟山」で一杯やろうと思って居る!・・・釣り人の特権とは言え、こんな贅沢をして良いのだろうか? ・・ただ、ただ、天に向かって感謝するのみである!!!


画像(180x135)・拡大画像(480x360)

小生の26,25cm!

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

鱚介の船小物用竿置き


Posted by 高澤鱚介 at 15時46分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.tokyobay.biz/kisuke/tb.php?ID=759

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール

高澤鱚介

高澤鱚介 (本名:高見澤 佑介)
 1941年東京に生まれ神奈川県の相模湾に面した二宮町に育つ。少年時代に竹サオに木リールでシロギス釣りの基本を覚え、以来、変遷する最先端の投げ釣り界で過ごす。「高澤鱚介」の名で長らく釣り誌等に執筆、NHK・TV等の釣り番組にも出演。昔日のオリムピック釣具のテスターとして、また、全国の釣り場環境保全に取り組むNPO法人イエローガイズ専務理事として長年に渡り活躍。現在、公益財団法人神奈川県栽培漁業協会の評議委員、全国釣り団体協議会の公認フィッシングマスター。さらに、釣り団体が主催する釣り行事や各地で開かれる釣りクラブの懇親会等に参加するなど、シロギスを求め全国を行脚中。同時に、近時は船のシロギス、カワハギ釣りにも挑戦中。一方、本物の釣り道具を伝承すべく「鱚介オリジナル工房」を主宰、鱚介テンビン「真打ち」や、ウッドシンカー「SMABS」、多連仕掛け巻き、オリジナル竿立て等々の名品を手がける。(神奈川県平塚市在住)

PHOTO

懐かしのEX9000S:バズーカ!!

懐かしのEX9000S:バズーカ!!

寒さこらえて、ハゼと遊ぶ・・・

寒さこらえて、ハゼと遊ぶ・・・

湘南オープン投げ釣り大会に参加しませんか!!

湘南オープン投げ釣り大会に参加しませんか!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2015 東京湾展望台 All rights reserved.